代表挨拶

トップへ >  会社案内  >  代表挨拶

材木屋の知恵を活かした耐震性・断熱性・快適性の高い家づくり。

はじめまして。『有限会社 内藤材木店』の内藤誠治と申します。

このたびは、当社ホームページ『カーサ・カリーナ浜北』にお立ち寄りくださり、誠にありがとうございます。

当社は私の父が昭和40年に、主に関東地方の材木小売屋さんに卸売りを行う木材産地問屋として開業し、創業50年近くなる現在も木材問屋として営んでおります。
ただ現在は、お取引先が材木小売屋様だけでなく、一般の工務店様を始め、ミサワホーム様東栄住宅様など大手のハウスメーカー様とのお取引もさせていただいております。

また、建築の方も元請建築業者として、平成4年より営業をさせていただいており、現在70棟以上の完工実績を持っております。


それでは、なぜ材木問屋である当社が家を建てることになったかと言いますと、私共は材木屋なのでお客さんとしての大工職人は何千人も知っておりました。その中で木材を納める際などに現場を見て、腕の良し悪しを判断すると共に、職人同士の話の中で、「その大工職人の建築に対する考え方・取り組み方」を長年確認して参りました。

そんな中、特にお施主様の事を親身に思って常々施工をしている腕の良い大工職人たちから『内藤さんが厳選したいい木を使って、いつか、内藤さんと一緒に本当の意味で、良い家を創ってみたいよね。』と言ってもらったのをきっかけに、実は家を建てることを始めました。

やはり材木問屋が建てる家ですから、なるべく無垢の木材を適材適所に採用し、また加工されても呼吸し続ける木材の特性を最大限、生かすような自然素材も採用しております。もちろん耐震性・断熱性・快適性なども考え抜いた家造りをさせていただいております。

私は、常々 《建築 = 健築》 だと思っております。

ご家族様が健康で幸せな毎日をお過ごし出来るように、お住まい造りを通してお手伝いする事こそが私共の使命と考えております。ホームページをご覧頂き、私共のお住まい造りにご共感頂きましたり、なにか感じるものがございましたら、ぜひ、お気軽に資料請求を頂ければ幸いです。

PAGE TOP