casa sole【 コンセプト 】

トップへ >   >  casa sole【 コンセプト 】

「年中快適」を導くのは、世界基準の高い性能。

その昔、日本の家づくりでは「夏を旨とすべし」が大切な教訓でした。もちろん、いまでもこの言葉は遵守されるべきものです。

しかし、現代においては「太陽を旨とすべし」と言い換えてみてはどうでしょうか。さまざまな環境問題や社会情勢により、現代を生きるわたしたちは、 過去のようにエネルギーを大量消費しながら生活を営むことは、むずかしくなってきました。できるだけエネルギーを使わず、願わくば生み出すことが、これからのライフスタイルに求められています。こうした状況で、いま私たちが寄り添うべき相手のひとつは、「太陽」ではないでしょうか。そう、具体的には太陽光発電です。


そして、断熱性能の高い家をしっかりつくれば、必要以上に冷暖房を使う必要もありません。外の気温に左右されず、一年を通して「快適に過ごす」ことが可能です。エネルギーの消費を最小限に抑え、かつ必要な分は生み出すという、「次世代の家」をここに開発したのです。


「太陽の力を生かしきる」。この信念が生み出した家。

「casa sole」はデザインにおいても、エネルギーの消費を最小限に抑え、かつ年間を通して快適であるべき、というテーマが徹底的に貫かれています。

せっかくの"太陽の力"も、それを享受する側の家の性能が低ければ、十分に生かしきることはできません。太陽光発電にとって効率のよい屋根の傾斜角度、1.5倍の厚さで高い断熱性能を誇る壁、太い大黒柱をもち地震にビクともしない構造、これらのすべてに「casa sole」の思想があらわれています。また、どんな家であっても定期的なメンテナンスは必要です。このメンテナンスを最小限に抑え、その上で長く住み続けることができれば、環境に、そして住まう人の家計にどれだけ貢献できることでしょう。


黒い屋根と外壁は、強い耐久性を備える「ガルバリウム鋼板」。床は使いこむほどに味わいが増す無垢材を使用しています。孫の、その孫の代までも200年受け継がれる家。その夢は「casa sole」というかたちで現実になったのです。

PAGE TOP